TOP > 特集 新潮社の本が刊行されるまで-新人作家さんの場合- > Ⅱ.何はともあれ「原稿を通す」

新潮社の本が刊行されるまで―新人作家さんの場合―日記公開!三日月拓『きのうの家族』10/22発売!
本をつくる。本が世に出る。それは、著者にとっても出版社、担当編集者にとっても大きなよろこびです。けれど、道のりは決して平たんではありません。まして、著者にとって初めての本となったらなおさらです。ここでは、2007年4月に『シーズンザンダースプリン♪』(電子書籍で発売中)で「女による女のためのR-18文学賞」優秀賞を受賞した三日月拓(みかづきひらく)さん(34)の初の単行本『きのうの家族』が刊行されるまでの行程を全公開!三日月拓さんの担当編集者Nによる「本づくりのプロセス」解説とともに、著者の日記を順次公開します。

Ⅱ.何はともあれ「原稿を通す

担当編集者Nによる「本づくりのプロセス」解説

Nの机に積まれたお原稿の束。編集部は紙だらけです。全然エコじゃないですね。  いきなり奇妙な言い回しで恐縮です。よく「企画を通す」といいますが、文芸書は「原稿を通す」ことから本づくりが始まります。
 いま私のいる部署の場合、編集長が御原稿を読ませていただいて、ゴーサインを出せばすなわち「通る」といういたってシンプルな仕組み。
 けれど、その前段階には必ず紆余曲折がありまくり、しかもその紆余曲折の中身は著者によってかなり違います。何をいつ、誰に書いてもらうかを考えるのが編集者の最初の仕事ですが、著者に明確な意思があることももちろん多くありますし、著者が編集者とお茶を飲みつつ四方山話をしているときにふいに"降りてくる"ということもしばしばです。
 テーマが決まったらいよいよ執筆。書きおろし作品(『きのうの家族』もそうです)の場合、その原稿の最初の読者は単行本の担当編集者です。著者が少しずつ送ってくださる御原稿を読む中で、その方の書き方の特徴や、本当に描きたいテーマがわかってくることもあります。
 その方の特性に合わせて1章分を直し、2章を送ってもらってはまた直し、時には書いていただいたものを全部棄てて「書き直してください」とお願いする(こういうときは胃が痛いです)……。   この繰り返しを経て出来上がった原稿を編集長が読み、OKが出ると(つまり「通る」と)出版の運びとなり、まずは刊行月が決まります。

『シーズンザンダースプリン♪』 三日月拓(みかづきひらく) 新潮社の本が刊行されるまで―新人作家さんの場合―
著者による刊行までの道のり日記
5月17日
担当のNさんから 原稿通りました!!! とメールがあった。
8月出版で行きましょう、と。
長かった。いったい何年かかって書いたのだろう。何回なおしをしたのだろう。
いつも冷静なNさんのメールに、「!!!」と、「わーい」の文字が。
わたしも、!!!。 わーい。

TOPへ戻る
Ⅰ.著者と編集者はいかに出会うか