TOP > 特別インタビュー「Shincho LIVE!」オープンに寄せて 作家・石田衣良が語る 電子書籍の現在と未来

特別インタビュー「Shincho LIVE!」オープンに寄せて作家・石田衣良が語る 電子書籍の現在と未来 4月26日にオープンした、新潮社のデジタルコンテンツを購入するためのナビゲーションサイト「Shincho LIVE!」。PC、ケータイに続いて近年、スマートフォンが急速に普及し、読書専用端末も相次いでリリースされています。このような状況をふまえて、「Shincho LIVE!」はすべての国内主要端末に対応することを謳ってスタートを切りました。ますます関心を集め、身近になってきた電子書籍。その現在と未来について、作家の石田衣良さんにお話を伺います。 聞き手/新潮社開発部電子書籍事業室・深谷その子

  • Vol.1 電子書籍は紙の本の「ライバル」なのか
  • Vol.2 何でもありのジャングルになったら面白い
  • Vol.3 電子書籍のこれから

Vol.3 電子書籍のこれから

――電子書籍は、たとえばどのような人にお薦めしたいと思われますか。

石田 僕の姉などがそうなんですが、海外にいる日本人に、いや日本人に限らず海外にいる人たちに薦めたいという気持ちがありますね。日本の書籍を扱っている本屋さんがないようなところもあるし、もとより海外では手に入れられる紙の本の点数が少なかったり、値段が高かったりもするので、そうした事情を考えれば電子書籍はメリットがありますよね。ウェブにつながるPCがあれば電子書籍を買えて読めるわけですから。

――出版社が紙の本と同じように電子書籍を手がけることについては、どうお考えになりますか。

石田 出版社にとって一番大事なことは、基本的には取材や編集をして新しいものを作り出すことですから、電子書籍についてもどんどん力を入れてやってほしいと思いますね。作家は電子書籍を自分ひとりで書くこともできるし、出版社とその先に繋がる流通経路に頼ることなく、自分でウェブを通じて販路に乗せることだってやろうと思えばできます。けれど、作品というのはやはり、出版社にいるプロの編集者の介在があるとないとでは、雰囲気とか内容とかがまったく変わってきてしまうんですよね。プロの手が入っていない本は、端的に言って出来がよくありません。内容の正誤をチェックしたり、作家と深い議論をしたりする編集者の存在は大きいのです。紙の本においても電子書籍においても、作家と出版社とのいいコラボレーションが大事なことに変わりはないのではないでしょうか。

――「Shincho LIVE!」が全端末対応に取り組んでいることについて、ご感想を伺えますか。

石田 読者に対して開かれた多くのチャンネルを用意しておくことは、出版社としては必要な仕事だと思います。とくにこれからは、ネットワーク力と言うのでしょうか、たくさんのメディアをつなげていく力というのが大事になってきますから。そういう取り組みは個人では、個々の作家ではなかなかやりにくいことですので、出版社に頑張ってチャレンジしていってもらいたいですね。

――電子書籍の未来については、どのように考えておいででしょう。

石田 どのような電子書籍文化が花開くかということには大いに興味があって、先に言った「電子書籍はパーソナルだ」という話でいえば、もしかしたら質の高い文章で書いた短いポルノグラフィみたいなものは面白いかなと思うし、凄くマッチするんじゃないかと想像します。まったくの仮定のお話ですけれど、部数を限定した紙の超豪華本とかがあって、普通の紙の単行本もあって、文庫は文庫でどんどん新しく刷られて、一方で手の届きやすい値段で電子書籍が手軽に読めて……。そのようなイメージの4本立ての世界ができたりすると、ちょっと楽しくていいかなぁと思います。

――紙の本と電子書籍が相和し、読書の世界をますます広げていくといいですね。

石田 電子書籍には頑張ってもらいたいですよ。電子書籍が本の市場全体を大きく広げて、みんながもっと電子と紙とにかかわらず本を読むきっかけになってくれれば、それで万々歳ですね。作家にとっては、作品が読者にアプローチするチャンネルが増えるのは歓迎すべきことです。メディアは何だっていいんです。「この人の書いていることは面白い」「この小説は凄い」って読者に対して一か所チクッと刺さってくれれば、読者はその感覚を一生憶えていてくれるものです。その“チクッ”を広めるためのメディアなら、いくつあっても大歓迎。
日本は今、中国とか韓国とかまわりの国に猛烈に追い上げられています。日本が抜きん出た国になりえたのは、やはり本を読んで世界を知り、自分を知り、様々な力をつけた人たちの頑張りがあってこそだと思います。知識なり教養なり正しい情報なりというのは、本を読んでこそ得ることができて、そして身につくものです。日本がセンスのいい、力のある国としてこれからも生き残っていくために、みなさんにはどんどん本を読んでほしい、いい作品や素晴らしい読み物に触れてほしいと願っています。

撮影/スチール・青木登 動画(編集とも)・廣島光秀

特別動画1 作家・石田衣良が語る電子書籍の現在と未来(3/3)
特別動画2 Shincho LIVE!オープンに寄せて