TOP > 山崎豊子安藤慈朗 > 白い巨塔 1巻

シロイキョトウ01白い巨塔 1巻

山崎豊子原作/安藤慈朗漫画

最先端の術式、権力闘争、師弟関係、友情、教授選、そして医療裁判――医療ドラマの原点にして頂点、舞台を現代の医学界に置き換え、初の完全漫画化!!

医学界の権力と策謀が渦巻く中心・浪速大学医学部で、天才外科医・財前五郎は何を得、何に敗れたのか……!? 最先端の術式、権力闘争、師弟関係、友情、教授選、そして医療裁判――数々の名場面に彩られた医療ドラマの原点にして頂点、舞台を現代の医学界に置き換え、初の完全漫画化!!

配信開始日
2019-03-09
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 616円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


山崎豊子ヤマサキトヨコ

(1924-2013)大阪市生れ。京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務。その傍ら小説を書き始め、1957(昭和32)年に『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など著作はすべてベストセラーとなる。1991(平成3)年、菊池寛賞受賞。2009年『運命の人』を刊行。同書は毎日出版文化賞特別賞受賞。大作『約束の海』を遺作として 2013(平成 25)年に逝去。

安藤慈朗アンドウジロウ

東京都出身。谷口ジローの漫画アシスタントを経て、1997年デビュー。他著作に『しおんの王』『武士道シックスティーン』『GUY~移植病棟24時~』『ストレイジ-警視庁眼球分析班-』『ヘルハウンド』などがある。