TOP > 三浦知良 > カズのまま死にたい(新潮新書)

カズノママシニタイシンチョウシンショカズのまま死にたい(新潮新書)

三浦知良

現役をやめるのは死ぬとき、かも。13年ぶりにJ1の舞台へ――。プロ生活35年目に突入、今日をせいいっぱい生きる「キング・カズ」の言葉の数々。

「サッカー人生、これまで下した選択は全て正解でした。そう言い切れることが、精いっぱいやってきた証拠といえるんじゃないかな」「あすプレーするかしないかも、代表での振る舞いも、自分で決める。ずっとそうしてきた。そこには後悔の生じる余地がないんだ。失敗しても、自分が選んだことだから」プロ生活35年目を13年ぶりのJ1で迎えるキング・カズの、終わりなき前進の軌跡。

配信開始日
2020-02-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 924円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


三浦知良ミウラカズヨシ

1967(昭和42)年静岡県生まれ。十五歳でブラジルに単身渡航、プロサッカー選手に。帰国後、1993年発足のJリーグで初代MVPになるなど活躍。日本代表の試合では55ゴールを記録。イタリア、クロアチア、オーストラリアでもプレー。2020年2月現在は、横浜FCに所属。