TOP > 波多野聖 > メガバンク絶体絶命(新潮文庫)

メガバンクゼッタイゼツメイシンチョウブンコメガバンク絶体絶命(新潮文庫)

波多野聖

頭取を蕩かす甘い罠。魔の「T計画」。巨大銀行を救うため、伝説の相場師が帰還する。

日本最大のメガバンクを喰らい尽くす、魔の「T計画」が発動! TEFG銀行は絶体絶命の危機に陥った。総務部長としてこの難局に挑む二瓶正平。そして、頭取の椅子を捨て相場師として生きていた桂光義が、義と理想のために起(た)つ。史上最大の頭脳戦がここに始まった。経済の巨龍・中国の影。謀略 vs. 戦略。マネーを知り尽くす著者にしか描けなかった、痛快無比の金融エンターテインメント。

配信開始日
2017-07-28
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 781円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


波多野聖ハタノショウ

1959(昭和34)年、大阪府生れ。一橋大学法学部卒業後、農林中央金庫、野村投資顧問、クレディ・スイス投資顧問、日興アセットマネジメントなどで資産運用業務に携わる。著書に「銭の戦争」シリーズ、『悪魔の封印 眠る株券』『メガバンク最終決戦』『本屋稼業』などがある。