TOP > 王城夕紀 > 青の数学(新潮文庫)

アオノスウガクシンチョウブンコ青の数学(新潮文庫)

王城夕紀

その数式(まほう)が、君の青春を変える。

雪の日に出会った女子高生は、数学オリンピックを制した天才だった。その少女、京香凜(かなどめかりん)の問いに、栢山(かやま)は困惑する。「数学って、何?」――。若き数学者が集うネット上の決闘空間「E2」。全国トップ偕成高校の数学研究会「オイラー倶楽部」。ライバルと出会い、競う中で、栢山は香凜に対する答えを探す。ひたむきな想いを、身体に燻る熱を、数学へとぶつける少年少女たちを描く青春小説。

配信開始日
2017-01-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 649円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


王城夕紀オウジョウユウキ

1978(昭和53)年、神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。2014(平成26)年、「天の眷族」で C★NOVELS 大賞特別賞を受賞。同作を『天盆』と改題し、デビュー。他の著書に『マレ・サカチのたったひとつの贈物』などがある。座右の銘は「朴魯なるにしかず」。