TOP > 福田ますみ > 暗殺国家ロシア―消されたジャーナリストを追う―(新潮文庫)

アンサツコッカロシアケサレタジャーナリストヲオウシンチョウブンコ暗殺国家ロシア―消されたジャーナリストを追う―(新潮文庫)

福田ますみ

射殺、撲殺、毒殺。権力批判のジャーナリストが殺された。新潮ドキュメント賞受賞の著者が問う、渾身のルポルタージュ。

白昼堂々行われる射殺、ハンマーでの撲殺、そして毒殺。社会主義政権崩壊後、開かれた国になるはずだったロシアで不審死が相次いでいる。犠牲者はジャーナリストたち。彼らはメディアが政権に牛耳られる国の中で、権力批判を繰り広げる急先鋒だった──。偽りの民主主義国家内部で、今、何が起きているのか? 不偏不党の姿勢を貫こうとする新聞社に密着した衝撃のルポルタージュ。

配信開始日
2016-09-02
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 715円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


福田ますみフクダマスミ

1956(昭和31)年横浜市生れ。立教大学社会学部卒。専門誌、編集プロダクション勤務を経て、フリーに。犯罪、ロシアなどをテーマに取材、執筆活動を行なっている。『でっちあげ』で第六回新潮ドキュメント賞を受賞。他の著書に『スターリン 家族の肖像』『暗殺国家ロシア』『モンスターマザー』などがある。