TOP > プラトーン田中美知太郎池田美恵 > ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン(新潮文庫)

ソークラテースノベンメイクリトーンパイドーンシンチョウブンコソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン(新潮文庫)

プラトーン著/田中美知太郎訳/池田美恵

不当な死刑に処せられたソークラテースの所信、対話、そして最期。

その否定的対話によって、既存の社会体制、道徳、宗教を盲信する保守的な人々から糾弾され、不当な死刑に処せられたソークラテースが、法廷で自己の所信を力強く表明する『ソークラテースの弁明』、脱獄のすすめを退け、国法を守って平常心のまま死を迎える彼が、法と正義について弟子と対話する『クリトーン』、毒薬をあおって刑死する彼の最期を語る『パイドーン』を収録する。

配信開始日
2016-03-25
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 539円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


プラトーンPlaton

(427-347 B.C.)古代ギリシャ最大の哲学者。アテーナイの名家に生れ、政治家を志すが、師ソークラテースの処刑を機に哲学へ転向。紀元前387年、40歳の時に学園「アカデーメイア」を設立し、各地から青年を集め教育と著述に専念した。生前に刊行された30編に及ぶ著作の大部分は、ソークラテースとその他の人物との対話の形式を取るため「対話篇」と呼ばれている。

田中美知太郎タナカミチタロウ

池田美恵イケダミエ