TOP > 角田光代マルセル・プルースト芳川泰久 > 新潮モダン・クラシックス 失われた時を求めて 全一冊

シンチョウモダンクラシックスウシナワレタトキヲモトメテゼンイッサツ新潮モダン・クラシックス 失われた時を求めて 全一冊

角田光代編訳/マルセル・プルースト著/芳川泰久編訳

角田光代×プルースト 世界文学最大・最強の長篇小説の画期的〈縮約版〉刊行!

作家志望の「ぼく」が味わう苛烈な恋、そして「時」の不思議――。あまりの長大さと複雑な文体ゆえに、名声ほどには読破する者の少なかった二十世紀小説の代表作が、いま蘇える。現代を代表する小説家と仏文学者のコラボレーションによって、プルーストのエッセンスはそのままに、贅美きわまる日本語でついに読める、読み通せる驚異の縮約版一千枚!

配信開始日
2015-11-06
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 2,024円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


角田光代カクタミツヨ

1967(昭和42)年神奈川県生れ。魚座。早稲田大学第一文学部卒業。1990(平成2)年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。著書に『キッドナップ・ツアー』『愛がなんだ』『さがしもの』『くまちゃん』『空の拳』『平凡』『笹の舟で海をわたる』『坂の途中の家』など多数。

マルセル・プルーストProust,Marcel

(1871-1922)1871年パリのオートゥイユに、著名な医学博士の長男として生まれる。1896年、処女作『楽しみと日々』を発表するも不評。1908年より『失われた時を求めて』執筆の準備を始め、1913年に第一巻「スワン家の方へ」を出版。第二巻「花咲く乙女たちのかげに」(1919年)がゴンクール賞を受賞するなど好評を得るも、1922年に没するまでに刊行できたのは全七巻のうち第四巻「ソドムとゴモラ」までだった。第五巻「囚われの女」から最終巻「見いだされた時」は没後刊行された(第六巻「消え去ったアルベルチーヌ」のみ未定稿のまま刊行)。

芳川泰久ヨシカワヤスヒサ

1951年、埼玉県生まれ。早稲田大学大学院後期博士課程修了。早稲田大学文学学術院教授(フランス文学、文芸評論)。ヌーヴェル・クリティツク、テクスト論と呼ばれる批評ジャンルの第一人者。著書に『闘う小説家 バルザック』『金井美恵子の想像的世界』『村上春樹とハルキムラカミ―精神分析する作家―』、小説集『歓待』、翻訳にクロード・シモン『農耕詩』、バルザック『サラジーヌ 他三篇』、マルセル・プルースト『失われた時を求めて 全一冊』(角田光代氏と共編訳)など多数。