TOP > 永嶺重敏 > 怪盗ジゴマと活動写真の時代

カイトウジゴマトカツドウシャシンノジダイ怪盗ジゴマと活動写真の時代

永嶺重敏

江戸川乱歩、寺山修司、伊丹万作……とりこになった者は数知れず。――大正元年、伝説の無声映画があった。

この映画のとりこになった者は数知れず、江戸川乱歩「怪人二十面相」の発想の原点にして伊丹万作や寺山修司を映画制作の道に進ませた――伝説の無声映画『怪盗ジゴマ』。大正元年、封切と共に小中学生を中心にして圧倒的な人気を呼び、日本中に一大ブームを巻き起こした。観客のあまりの熱狂ぶりについには上映禁止が通達されたほど……。実はこのブームの裏側には、現在に先駆けるメディア戦術があった。

配信開始日
2012-02-24
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC
  • ケータイ

None 660円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


ケータイ

  • NTT docomo
    docomo QR
  • au by KDDI
    au QR
  • SoftBank
    SoftBank QR
永嶺重敏ナガミネシゲトシ

1955(昭和30)年、鹿児島県生まれ。東京大学駒場図書館に勤務。九州大学文学部卒業。勤務の傍ら、出版やメディア史の研究を行う。著書に『雑誌と読者の近代』(日本出版学会賞受賞)『モダン都市の読書空間』(日本図書館情報学会賞受賞)『〈読書国民〉の誕生』などがある。