TOP > 特別インタビュー「Shincho LIVE!」オープンに寄せて 作家・石田衣良が語る 電子書籍の現在と未来

特別インタビュー「Shincho LIVE!」オープンに寄せて作家・石田衣良が語る 電子書籍の現在と未来 4月26日にオープンした、新潮社のデジタルコンテンツを購入するためのナビゲーションサイト「Shincho LIVE!」。PC、ケータイに続いて近年、スマートフォンが急速に普及し、読書専用端末も相次いでリリースされています。このような状況をふまえて、「Shincho LIVE!」はすべての国内主要端末に対応することを謳ってスタートを切りました。ますます関心を集め、身近になってきた電子書籍。その現在と未来について、作家の石田衣良さんにお話を伺います。 聞き手/新潮社開発部電子書籍事業室・深谷その子

  • Vol.1 電子書籍は紙の本の「ライバル」なのか
  • Vol.2 何でもありのジャングルになったら面白い
  • Vol.3 電子書籍のこれから

Vol.1 電子書籍は紙の本の「ライバル」なのか

――このところ話題になることの多い電子書籍ですが、まず、石田さんはどのようなイメージをもたれていますか

石田 アメリカで電子書籍が普及しはじめたというニュースに接したとき、なるほど、電子書籍は凄いものだなぁと感心しました。旅先でもどこでも、真夜中でもいつでも、好きな場所で好きな時に本が買えて読める。そして、何十冊、何百冊という本をひとつの端末の中に収めることもできる。本当に便利だというほかないですよね。 僕の子どもの頃の夢は、図書館を丸ごとひとつ自分のものにできないか、というものでした。いわば“マイ図書館”です。そこまで大それた話でなくとも、本好きの人はたくさん本を買って自分の書棚に並べ、それを愉しみにしていたりするものでしょう。かくいう僕もそうです。小さな端末ひとつの中でそういうことが実現できてしまうのは、驚くべきことだと思います。

――それこそは確かに、電子ならではかもしれません。

石田 やはり省スペース性のメリットは大きいですね。きちんとプロの編集作業が加わった作品、しっかり情報の裏がとられた読み物を、手のひらの端末に膨大に収めることができるって、まさに夢のように素晴らしいことじゃないでしょうか。今の時代の人たちがうらやましいですよ。 ただ、危険でもありますよね。いつでもどこでもすぐに買えるとなると、夜中なんかにふと思いたって、ある人の本をザザザッとばかりに買い集めてしまったり。そんなことが簡単にできてしまうんですからね。あの頃の僕が電子書籍に出会っていたら、幸せでありつつも大変なことになっていたかもしれないなぁ(笑)。

――紙の本との違いについては、どのようにお考えになりますか。

石田 手にとって独特の重みや質感を感じる。装丁を眺める。読み進めていくうちに多少の汚れがついてきて、時にはページの端っこを折ったり書き込みをしたりする。こういうのって、やっぱり紙の本ならではだと思うんです。紙の本だと、印象的な一文が左右のページのどのあたりにあったかを憶えていたりもするでしょう。そのへんはさすがの電子書籍も、そう簡単には太刀打ちできない部分があるのは確か。まさしく紙の独壇場といえますよね。

――紙の本は紙の本として、魅力的なものであり続けるということですね。

石田 もちろんです。そうでなければ、ここまで何百年もの長きにわたって紙の本というメディアが支持されてこなかったと思います。歴史的には電子書籍が紙の本の後から登場したわけですけれど、仮に電子書籍が先にあって、次に紙の本が世に登場したと想像してみてください。きっとみんな「紙の本か! こんなものがあるのか」と驚嘆し、飛びついただろうと思うんです。とくに文庫などはあのコンパクトさ、親しみやすさひとつとっても敵なしといえる商品で、電子書籍にとってはいかに文庫のような存在になれるかというのが大きなテーマかもしれないですね。

――紙の本と電子書籍では、読者層などが異なると思われますか。

石田 電子書籍が新しい商品である以上は、新しいユーザー、新しい読者層を開拓するということは当然、あるだろうと思っています。
実際、アメリカでは電子書籍は中高年層の読者が多い、つまりシニアが本に戻ってくるきっかけになったんだといいますよね。字の大きさが自由に変えられる、字を大きく読みやすくできるというメリットが、ちゃんとユーザーに届いた結果ということでしょう。あるいは、出かけなくても家にいながらにして本が買えるという利便性が、中高年層の人たちにマッチしたという面もあるように思います。
こうして電子書籍が新規の読者を掘り起こすきっかけにはなったとしても、紙の本と電子書籍のどちらかがどちらかを駆逐するとか、お互いに食いあうとかいったことにはならないでしょう。両者は並び立つ、共存するということですね。

撮影/スチール・青木登 動画(編集とも)・廣島光秀

※以下、第2回「何でもありのジャングルになったら面白い」に続きます。

特別動画1 電子書籍は紙の本の「ライバル」なのか
特別動画2 Shincho LIVE!オープンに寄せて