TOP > 押川剛鈴木マサカズ > 「子供を殺してください」という親たち 5巻

コドモヲコロシテクダサイトイウオヤタチ05「子供を殺してください」という親たち 5巻

押川剛原作/鈴木マサカズ漫画

娘の病状を偽った末路、弟に依存する自傷癖のある兄……NHK、地上波特番など様々なメディアで取り上げられた衝撃のノンフィクション漫画第5巻!

押川剛氏率いる(株)トキワ精神保健事務所は、病識のない統合失調症やアルコールや薬物の依存症、精神疾患の疑いのある長期ひきこもりなど、精神科医療とのつながりを必要としながら、適切な対応がとられていない対象者を説得し医療につなげることを主な業務にしている。今回は、娘の病状を偽った依頼の末路、そして弟に依存し続けた自傷癖のある兄の逸話など、ドキュメンタリーだからこそ描けるエピソードを収録!!

配信開始日
2019-06-08
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 583円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


押川剛オシカワタケシ

1968(昭和43)年、福岡県生れ。専修大学中退。1992(平成4)年、トキワ警備(現・トキワ精神保健事務所)を創業。1996年より精神障害者移送サービスに業務を集中。強制拘束を否定し、対話と説得によって患者を医療につなげるスタイルを確立。これまでに移送した患者は1000人を超え、2002年以降は、自立・更生支援にも携わっている。またジャーナリストとしてもTVの報道番組や論壇誌等で活躍中。『「子供を殺してください」という親たち』『子供部屋に入れない親たち』『なんで隠すの?』『「愛」というとるが』『心配はいらない、必ず生きる道はある』等著書多数。

鈴木マサカズスズキマサカズ

1973年生まれ。静岡県出身。京都精華大学卒業。『ラッキーマイン』『銀座からまる百貨店 お客様相談室』、TVドラマ化された『ダンダリン一O一』など執筆作多数。2019年5月現在、漫画ゴラクスペシャルで『町田ほろ酔いめし浪漫 人生の味』、週刊漫画ゴラクで『マトリズム』連載など、 硬軟含めた意欲作で活躍中。