TOP > ローレン・グロフ光野多惠子 > 運命と復讐

ウンメイトフクシュウ運命と復讐

ローレン・グロフ著/光野多惠子

結婚という名の壮大な悲喜劇を描く。オバマ前大統領も絶賛の全米話題作!

電撃的な出会いで結婚した、売れない俳優ロットと美貌のマチルド。純真な妻に支えられた夫はやがて脚本家として成功し、それは幸せに満ちた人生のはずだった――妻のいまわしき秘密を知るまでは。家族の愛は夫婦の嘘に勝てるのか? 巧みなプロットと古典劇の文学性を併せ持ち、全米図書賞候補にもなった圧巻の大河恋愛小説!

配信開始日
2017-10-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 2,970円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


ローレン・グロフGroff,Lauren

1978年ニューヨーク州生まれ。ウィスコンシン大学大学院で創作を学ぶ。「ニューヨーカー」などの雑誌に短篇を発表。『アメリカ短篇小説傑作集』に収録されて注目を集める。「アトランティック・マンスリー」に掲載された「L・デバードとアリエット――愛の物語」は村上春樹氏による編訳アンソロジー『恋しくて』に収録されている。『運命と復讐』は3作目となる長篇小説。

光野多惠子ミツノタエコ

1953年生まれ。津田塾大学卒業後、舞台制作の仕事などを経て1994年から翻訳家に。訳書にロバート・B・パーカー『勇気の季節』、ライオネル・シュライヴァー『少年は残酷な弓を射る』(共訳)、ルース・ホワイト『ベルおばさんが消えた朝』、ジャネット・S・アンダーソン『最後の宝』(産経児童出版文化賞推薦受賞)など。