TOP > 榊邦彦 > 100万分の1の恋人

ヒャクマンブンノイチノコイビト100万分の1の恋人

榊邦彦

僕らが出会う確率は、限りなくゼロに近かった――。号泣の純愛小説。

「私は、0.0001%の運命を背負って生きているの」――大学院で曾根崎心中を専攻する僕に、幼馴染の恋人はある秘密を打ちあけた。サヨナラを言えば、2人は幸せになれるかもしれない……それでも僕の心はこう叫ぶ。絶対に、彼女じゃなければ、ダメなんだ。今すぐ大好きな人に会いに行きたくなる、極純のラブストーリー。

配信開始日
2010-03-05
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC
  • ケータイ

None 648円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


ケータイ

  • NTT docomo
    docomo QR
  • au by KDDI
    au QR
  • SoftBank
    SoftBank QR
榊邦彦サカキクニヒコ

1963(昭和38)年、埼玉県生れ。2006(平成18)年、『100万分の1の恋人』で新潮エンターテインメント大賞を受賞しデビュー。ハンチントン病の患者である父を持つ女性と「僕」との恋愛の行方を描いた同作品は、読者の圧倒的支持を得て台湾、韓国でも翻訳出版されている。第二作に『もう、さよならは言わない』がある。