TOP > マーク・トウェイン大久保康雄 > トム・ソーヤーの冒険

トムソーヤーノボウケントム・ソーヤーの冒険

マーク・トウェイン著/大久保康雄

小さな田舎町を舞台に子供の夢と冒険を爽快なユーモアとスリルいっぱいに描いた、世界中に読みつがれている少年文学の傑作。

茶目っ気たっぷりの腕白少年トムは、町の浮浪児宿なしハックを相棒に、いたずらの数々……家を脱け出し海賊気どりの冒険旅行、真夜中の墓地での殺人の目撃、迷路のような洞窟での宝探し、そして稚い恋。ミシシッピ河沿いの小さな田舎町を舞台に子供の夢と冒険を爽快なユーモアとスリルいっぱいに描く、おおらかな自然と自由への讃歌。世界中に読みつがれている少年文学の傑作。

配信開始日
2011-06-01
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Reader
  • PC

None 528円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Reader


PC


マーク・トウェインTwain,Mark

(1835-1910)アメリカのミズーリ州に生れ、ミシシッピー河畔で少年期を送る。『ミシシッピ河上の生活』『王子と乞食』『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリイ・フィンの冒険』等を発表し、19世紀のアメリカを代表する文学者となる。その自由奔放かつ正確な文章は後の作家に多大な影響を与えた。

大久保康雄オオクボヤスオ

(1905-1987)茨城県生れ。マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』を始め、現代アメリカ文学を中心に話題作の翻訳を多数手がける。他に、スタインベック『怒りの葡萄』、ヘンリ・ミラー『北回帰線』等がある。