TOP > 森村誠一 > 夢の虐殺

ユメノギャクサツ夢の虐殺

森村誠一

現代社会の檻にとじこめられた男たちの怒りがほとばしる、力作推理小説6編。

総合商社の中で、人間部分品として飼育されていることに、ある日突然気づかされたサラリーマンが、学生時代に生命を賭けた山に、もう一度挑戦することで、かつての自分をとりもどそうとする表題作。死体消去という方法で完全犯罪を企てる人間たちの愛憎劇「人間溶解」。ほかに「高燥の墳墓」「派閥抗争殺人事件」「侵略夫人」「殺意の造型」の、現代社会の檻にとじこめられた男たちの怒りがほとばしる、力作推理小説6編。

配信開始日
2006-07-07
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 550円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


森村誠一モリムラセイイチ

昭和8年(1933)、埼玉県生れ。1933年、青山学院大学卒。ホテル勤務後、1944年、『高層の死角』で江戸川乱歩賞受賞。1947年には、『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を受賞するなど、社会派ミステリーの第一人者として活躍する。1951年の『人間の証明』、1956年の『悪魔の飽食』はともに大ベストセラーとなる。近年では、『忠臣蔵』、『死神の町 刺客請負人』など歴史時代小説にも意欲的に取り組んでいる。