TOP > 久世光彦 > 卑弥呼

ヒミコ卑弥呼

久世光彦

ユウコとカオル、二人にはどうしても出来ないのだ、アレが……。おかしくて切なく、卑猥にして気高きビルドゥングス・ラヴ・コメディ。

ガラス張りの午後の喫茶店でも爽やかに口にしたくなる、大らかで明るい呼び名を女性のアソコに。そんなキャンペーンを企画したのは、低迷気味月刊男性誌の編集部員ユウコ、猫みたいにいい女。BFのカオルがまた、申し分なくいい男。でもこの二人には、一つだけ難点がある。どうしても出来ないのだ、アレが……。おかしくて切なく、卑猥にして気高きビルドゥングス・ラヴ・コメディ。

配信開始日
2006-03-03
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 990円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


久世光彦クゼテルヒコ

1935(昭和10)年東京生れ。東大卒。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」など多数のドラマ演出を手がけた。小説でも1993年『蝶とヒットラー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、1994年『一九三四年冬─乱歩』で山本周五郎賞、1997年『聖なる春』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『蕭々館日録』で泉鏡花文学賞を受賞。1998年紫綬褒章受章。2006年3月2日虚血性心不全にて70歳で死去。