TOP > 河口俊彦 > 人生の棋譜 この一局

ジンセイノキフコノイッキョク人生の棋譜 この一局

河口俊彦

'90年から'94年にかけての激動の将棋界をつぶさに実況中継し、人間くさい天才棋士たちの、知られざる日常を軽妙に映し出す。

升田幸三、大山康晴両巨星の死、米長邦雄の50歳にしての名人位獲得劇、そして羽生名人の誕生など、'90年から'94年にかけての激動の将棋界をつぶさに実況中継する。歴史に残る数々の名勝負に留まらず、「恐がられるようでなければ勝負に勝てない」「弱みを握られたらお終い」ほか、興味深い盤外勝負も満載。一般の社会以上に人間くさい天才棋士たちの、知られざる日常を軽妙に映し出す。

配信開始日
2002-10-04
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 702円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


河口俊彦カワグチトシヒコ

1936(昭和11)年、神奈川県横須賀市生れ。小堀清一九段門下に入り、1951年に奨励会へ入会して棋士への道を進む。1966年、四段に昇段してプロ棋士となり、以後36年間に亘って大山、升田、中原、羽生など数多の天才棋士たちと対戦してきた。2002(平成14)年、七段で現役棋士を引退。棋士として将棋を指す傍ら、早くから将棋に関するエッセイ、評論を書いてきた。「棋士の思考は指し手に宿る」という信念に基づいて、将棋と人間分析を結びつけた独自の文章は、棋界内外に広くファンをもつ。『新・対局日誌』『人生の棋譜この一局』など著書多数。