TOP > 阿川弘之 > 南蛮阿房第2列車

ナンバンアホウレッシャ02南蛮阿房第2列車

阿川弘之

オリエント急行などの乗り歩きは、乗り物好きの面目躍如。ユーモラスな海外鉄道紀行シリーズ第2作、10編連結で只今発車!

遥か異国からの鉄路の響きに心を騒がせ、汽車に乗る、ただそれだけを目的に海を渡る。「オリエント急行」が輝かしい歴史に幕を下ろすと聞くや、たまらず乗りに出かけてゆく。その他、オーストラリア大陸横断鉄道、アラスカ荒野のローカル線、本家南蛮国ポルトガルの汽車などの乗り歩きは、乗り物好きの面目躍如。ユーモラスな海外鉄道紀行シリーズ第2作、10編連結で只今発車!

配信開始日
2013-12-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 486円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


阿川弘之アガワヒロユキ

(1920-2015)広島市生まれ。1942(昭和17)年、東大国文科を繰上げ卒業し、海軍予備学生として海軍に入る。戦後、志賀直哉の知遇を得て師事。1953年、学徒兵体験に基づく『春の城』で読売文学賞を受賞。同世代の戦死者に対する共感と鎮魂あふれる作品も多い。芸術院会員。主な作品に『雲の墓標』『舷燈』『暗い波濤』『志賀直哉』のほか、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』の海軍提督三部作がある。