TOP > 藤村由加 > 人麻呂の暗号

ヒトマロノアンゴウ人麻呂の暗号

藤村由加

“歌聖”柿本人麻呂の生涯を辿りつつ、韓国語・漢語を媒介にして古歌を読み解き、しなやかな日本語研究への道を拓く問題の書。

“歌聖”柿本人麻呂――宮廷権力と密接な関係にあった歌人が高らかに謡いあげたのは無邪気な叙景歌にすぎなかったのか? わが国最古の歌集『万葉集』の成立にメスを入れた時、初めて見えてきた、もうひとつの風景。韓国語・漢語を媒介にして古歌を読み解くことで「ますらをぶり」の歌風は大胆な変貌を遂げた。人麻呂の生涯を辿りつつ、しなやかな日本語研究への道を拓く問題の書。

配信開始日
2001-12-07
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 605円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


藤村由加フジムラユカ

トランスナショナル・カレッジ・オブ・レックス(通称トラカレ)で多言語活動にいそしむ女性筆者四人から一字ずつをとって作ったペンネームである。ベストセラー『人麻呂の暗号』『額田王の暗号』をはじめ、記紀万葉の世界とがっぷり四つに組んで、次々と話題作を世に送り出している。