TOP > 海音寺潮五郎 > 平将門(中)

タイラノマサカド02平将門(中)

海音寺潮五郎

官位を求めて京にのぼった将門が、夢破れて故郷に帰ってくると、父は死んで土地の多くは勢力者源護の所領となっていた……。

官位を求めて京にのぼった将門が、夢破れて故郷に帰ってくると、父は死んで土地の多くは勢力者源護の所領となっていた。しかも、妻にと望んだ従妹の良子が政略的に護の長男に嫁がされそうになった時、怒りに燃えた将門は、輿入れ途中の良子を奪って自分の館につれ帰り祝言を上げる。そして、襲ってきた護の三人の息子を殺し、彼らに加担した貞盛の父、国香をも滅ぼしてしまう。

配信開始日
2001-08-03
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Reader
  • PC

None 990円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Reader


PC


海音寺潮五郎カイオンジチョウゴロウ

(1901-1977)鹿児島県伊佐郡大口村(現・伊佐市)生れ。国学院大学卒。中学の国漢教師を勤めた後、創作に専念。1929(昭和4)年「うたかた草紙」が「サンデー毎日」大衆文芸賞に入選。1932年長編「風雲」も同賞を受賞。1936年『天正女合戦』で直木賞を受賞。1957年に完結した『平将門』は新時代の歴史小説の先駆となった記念碑的大作。日本史への造詣の深さは比類がない。他に『武将列伝』『列藩騒動録』『孫子』『天と地と』『西郷隆盛』『西郷と大久保』『幕末動乱の男たち』『江戸開城』『二本の銀杏』など著書多数。