TOP > 近藤唯之 > 勝負師語録

ショウブシゴロク勝負師語録

近藤唯之

プロ野球から大相撲まで、勝負の世界に生きるプロフェッショナルたちが、その奥深さを語った名語録。

「バットは両腕の延長、だから執念さえあれば折れるはずがない」(長島茂雄)「あの挫折があったからこそ、三冠王になれた」(落合博満)「やられたら次にやりかえす。これが3番打者の極意だ」(秋山幸二)「相撲はイメージで取ります」(舞の海)「人生、楽ありゃ、苦もあるさあ」(武豊)。時代を超え、歳月をのりこえて、本当の言葉は胸の中に熱い感動を運んでくる。プロフェッショナル71人が勝負の世界の奥深さを語る名語録。

配信開始日
2000-09-08
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 495円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


近藤唯之コンドウタダユキ

1930(昭和5)年、東京神田生れ。明治大学法学部卒業。報知新聞、東京新聞、夕刊フジの記者を経て野球評論家に。フジテレビで5年間、ニッポン放送で8年間キャスターを務める。主な著書に『プロ野球監督列伝』『プロ野球 トレード光と陰』『プロ野球 痛快ライバル論』などがある。