TOP > 北澤孝太郎 > 「場当たり的」が会社を潰す(新潮新書)

バアタリテキガカイシャヲツブスシンチョウシンショ「場当たり的」が会社を潰す(新潮新書)

北澤孝太郎

根拠のない目標、コロコロ変わる方針、部下への丸投げ体質……振り回されるのはもう嫌だ! 御社の「場当たり的」チェックリスト付。

会社や上司が「場当たり的」だ。そう感じたことがない会社員は少ないのではないか。方針がコロコロ変わる。根拠不明な数値目標を挙げる。「社員の自主性」を口実に、下に全てを丸投げする。なぜこんなことになるのか。数多くの企業の研修に携わってきた著者が、「場当たり的」を発生させるメカニズムを鮮やかに解明し、有効な解決策を示す。総力戦を戦える体制を早急に作らなければ、御社はもはや生き残れない!

配信開始日
2019-03-22
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 778円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


北澤孝太郎キタザワコウタロウ

1962(昭和37)年生まれ。東京工業大学大学院特任教授。レジェンダ・コーポレーション取締役。神戸大学経営学部卒業後、リクルートに入社。日本テレコム(現ソフトバンク)執行役員法人営業本部長などを経て現職。著書に『営業部はバカなのか』など。