TOP > 蒼月海里 > 夜と会う。III―もう一人の僕と光差す未来―(新潮文庫)

ヨルトアウ03モウヒトリノボクトヒカリサスミライシンチョウブンコ夜と会う。III―もう一人の僕と光差す未来―(新潮文庫)

蒼月海里

最後に出会う《夜》が始まる。青春異界綺譚、ついに完結。

大丈夫、もう僕は夜を怖がったりしない。親友・カジカを救うため、《夜の世界》を悪用していた氷室頼人。致命的な代償を負ってでも、彼女を救おうとした氷室の願いを叶えるべく、澪音たちは《夜の世界》に消えたカジカを探すことになった。仲間達との確かな絆を感じ、前向きに戦いに赴く澪音だが、どこか自分を信じ切れずにもいた。やがてその歪みが彼に襲いかかり――優しくて、ちょっぴり切ない青春異界綺譚、堂々完結。

配信開始日
2019-02-08
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

New 529円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


蒼月海里アオツキカイリ

宮城県生れ。作家。『幽落町おばけ駄菓子屋』シリーズが人気を博す。他の著書に『幻想古書店で珈琲を』シリーズ、『深海カフェ 海底二万哩』シリーズ、『地底アパート』シリーズ、『華舞鬼町おばけ写真館』シリーズ、『夜と会う。』シリーズ、『もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら』『水上博物館アケローンの夜』、『水晶庭園の少年たち』などがある。