TOP > 古川哲史 > 心房細動のすべて―脳梗塞、認知症、心不全を招かないための12章―(新潮新書)

シンボウサイドウノスベテノウコウソクニンチショウシンフゼンヲマネカナイタメノジュウニショウシンチョウシンショ心房細動のすべて―脳梗塞、認知症、心不全を招かないための12章―(新潮新書)

古川哲史

「動悸」「息切れ」「めまい」そして怖い「無症状」!? 専門家が教える、その発見法、最新の治療法、予防法まで。

国内患者数は約170万人。不整脈の王様と呼ばれる「心房細動」は、脳梗塞、認知症、心不全の原因にもなる。特に脳梗塞を合併すると深刻で、田中角栄、長嶋茂雄等、罹患した著名人も多い、どんな人がなりやすいのか、主にどのような症状があるのか、合併症のリスクや、その防ぎ方、心臓によい食事とは? など、患者や家族が知っておくべき基礎知識、最新治療法、予防のための生活習慣までを専門家が丁寧に解説する。

配信開始日
2018-12-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 821円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


古川哲史フルカワテツシ

1957(昭和32)年、東京都生まれ。医学博士。1989年東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程修了。同大学難治疾患研究所・生体情報薬理学分野教授。著書に『臨床力をアップさせる循環器のギモン31』『血圧と心臓が気になる人のための本』など。