TOP > 成田名璃子 > 咲見庵三姉妹の失恋(新潮文庫)

サキミアンサンシマイノシツレンシンチョウブンコ咲見庵三姉妹の失恋(新潮文庫)

成田名璃子

恋は、和菓子のように甘く抹茶のように苦く。姉妹の傷心と再生を繊細に描く切ない物語。

蔵の町、川越。くず餅が人気の和カフェ・咲見庵を営む美人の長女、花緒。ボーイッシュで夢見がちな次女、六花。そして、二人の姉とは母親の違う十六歳の三女、若葉。そんな高咲三姉妹が暮らす家に、父を亡くした少年、薫が居候することに。姉たちはそれぞれに恋の甘さと苦しみを味わい、同い年の若葉と薫は次第に心を通わせていくが――。めぐる季節の中、姉妹が織りなす優しく切ない恋愛模様。(解説・吉田伸子)

配信開始日
2018-11-30
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 594円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


成田名璃子ナリタナリコ

1975(昭和50)年青森県生れ。東京外国語大学卒。2011(平成23)年『月だけが、私のしていることを見おろしていた。』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞し作家デビュー。2015年刊行された『東京すみっこごはん』が人気を博し、シリーズ化される。2016年、『ベンチウォーマーズ』で高校生が選ぶ天竜文学賞、酒飲み書店員大賞受賞。他の作品に『不動産男子のワケあり物件』『ハレのヒ食堂の朝ごはん』『グランドスカイ』などがある。