TOP > 浦久俊彦 > 悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―(新潮新書)

アクマトヨバレタヴァイオリニストパガニーニデンシンチョウシンショ悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―(新潮新書)

浦久俊彦

守銭奴、女好き、涜神者。なれど、その音色は超絶無比――伝説に包まれた史上最強の演奏家、本邦初の伝記。

ニコロ・パガニーニ。全身黒ずくめの姿で繰り出す超絶技巧で人々を熱狂させた、空前絶後のヴァイオリニストである。「悪魔ブーム」をブランディングに用い、巨万の富を築いた守銭奴にして女好き。「無神論者」の烙印を押され、遺体となっても欧州をさまよった彼には、「幽霊となっても音楽を奏でている」との伝説も生まれた。十九世紀に鮮やかな刻印を残した「西洋音楽史のメフィストフェレス」、本邦初の伝記。

配信開始日
2018-07-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 821円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


浦久俊彦ウラヒサトシヒコ

1961(昭和36)年生まれ。文筆家・文化芸術プロデューサー。一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事。代官山未来音楽塾塾頭。サラマンカホール音楽監督。著書に『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』『138億年の音楽史』など。