TOP > 麻耶雄嵩 > あぶない叔父さん(新潮文庫)

アブナイオジサンシンチョウブンコあぶない叔父さん(新潮文庫)

麻耶雄嵩

全ミステリファン、?然!? 未だかつてない「名探偵」が解き明かす驚愕の「犯人」とは!?

寺の離れで「なんでも屋」を営む俺の叔父さん。家族には疎まれているが、高校生の俺は、そんな叔父さんが大好きだった。鬱々とした霧に覆われた町で、次々と発生する奇妙な殺人。事件の謎を持ちかけると、優しい叔父さんは、鮮やかな推理で真相を解き明かしてくれる――。精緻な論理と伏線の裏に秘された、あまりにも予想外な「犯人」に驚愕する。ミステリ史上に妖しく光り輝く圧倒的傑作。

配信開始日
2018-08-17
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 693円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


麻耶雄嵩マヤユタカ

1969(昭和44)年、三重県上野市(現・伊賀市)生れ。京都大学工学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。1991(平成3)年に島田荘司氏、綾辻行人氏、法月綸太郎氏の推薦を受けて、『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。2011年、『隻眼の少女』で日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞をダブル受賞。2015年、『さよなら神様』で本格ミステリ大賞を再び受賞。主な著書に『鴉』『木製の王子』『螢』『貴族探偵』『貴族探偵対女探偵』『神様ゲーム』『化石少女』などがある。