TOP > 木原武一 > 田舎暮らしと哲学

イナカグラシトテツガク田舎暮らしと哲学

木原武一

街を出よ、森に棲もう! 身近な世界こそ、発見と思索の喜びに満ちている。

自然の中で、のびのび子供を育てたい、と房総に居を移したものの、それは予想を超えた困難の始まりでもあった。水道未完備、台風の水害、木々の手入れの想像を絶する手間……。そんな毎日も、先人の知恵や偉人の警句があれば、軽やかに乗り越えられる。日々の暮らしの中に学びの源泉を見出す、現代日本版「森の生活」。

配信開始日
2018-03-02
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,496円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


木原武一キハラブイチ

文筆家。1941年東京生まれ。東京大学文学部ドイツ文学科卒業。著書に『大人のための偉人伝』『続 大人のための偉人伝』『天才の勉強術』『人生を考えるヒント―ニーチェの言葉から―』『ゲーテに学ぶ幸福術』(いずれも新潮選書)、翻訳書に『聖書の暗号』『ロゼッタストーン解読』(いずれも新潮社)などがある。