TOP > ビートたけし > アナログ

アナログアナログ

ビートたけし

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「人生で一度だけ、こんな恋がしたいと思った。」

「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」。すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう二人の、「アナログ」な関係が始まった。いまや成立しがたい男女のあり方を描き、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける渾身の長編。

配信開始日
2017-11-24
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

New 1,296円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


ビートたけしビートタケシ

1947(昭和22)年、東京・足立区生れ。浅草フランス座で芸人修業中に知り合ったきよしと漫才コンビ「ツービート」を結成、漫才ブームで一躍人気者となる。その後もソロとして、テレビやラジオの出演、映画や出版の世界などで国民的な活躍を続けている。映画監督・北野武としても世界的な名声を博す。1997(平成9)年には「HANA-BI」でベネチア国際映画祭グランプリを受賞。『たけしくん、ハイ!』『間抜けの構造』など著書多数。