TOP > 前田速夫 > 「新しき村」の百年―〈愚者の園〉の真実―(新潮新書)

アタラシキムラノヒャクネングシャノソノノシンジツシンチョウシンショ「新しき村」の百年―〈愚者の園〉の真実―(新潮新書)

前田速夫

壮挙か? 愚挙か? 武者小路実篤が夢見た「ユートピア」の全貌1918~2017。

一世紀前、武者小路実篤を中心として「新しき村」が創設された。戦争や暴動など国内外が騒然とする時代にあって、「人類共生」の夢を掲げた農村共同体は、土地の移転、人間関係による内紛、実篤の離村と死没など幾度も危機にさらされながらも、着実な発展を遂げていく。平成以降、高齢化と収入減のため存続が危ぶまれるなか、世界的にも類例のないユートピア実践の軌跡をたどるとともに、その現代的意義を問い直す。 ※新潮新書に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。

配信開始日
2017-11-24
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 821円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


前田速夫マエダハヤオ

1944(昭和19)年、福井県生まれ。民俗研究者。東京大学文学部英米文学科卒。文芸編集者として武者小路実篤をはじめ多くの作家を担当。「新潮」編集長を務めた。主な著書に『余多歩き 菊池山哉の人と学問』(読売文学賞受賞)、『白の民俗学へ』『異界歴程』など。