TOP > 松尾佑一 > 彼女を愛した遺伝子(新潮文庫)

カノジョヲアイシタイデンシシンチョウブンコ彼女を愛した遺伝子(新潮文庫)

松尾佑一

愛は存在しない……。究極の理系ラブロマンス。

これまで恋愛と無縁に生きてきた、遺伝子研究者の柴山と松永。ある日、柴山は女子学生と恋に落ち、それを知った松永は、研究室から失踪した。松永は「愛は遺伝子が決定する」という自らの理論を証明すべく、柴山で人体実験を企む。一方、自らもまた、結ばれる確率が0%と判定された女性に、どうしようもなく心惹かれて……。愛と理論の狭間で苦悶する、純真でせつない“理系”恋愛小説。

配信開始日
2017-11-10
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

New 626円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


松尾佑一マツオユウイチ

1979年大阪府生まれ。大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。2015年5月現在、国立大学で研究教育職に従事。専門は生物学、遺伝子工学。2009年『鳩とクラウジウスの原理』で第1回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、デビュー。他の著書に『昼寝の神様』『恋のエニグマ3号』がある。