TOP > 梶よう子 > ご破算で願いましては―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫)

ゴハサンデネガイマシテハミトヤオエイシイレチョウシンチョウブンコご破算で願いましては―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫)

梶よう子

お江戸の「百均」は、今日も今日とて、てんてこまい! 兄妹が営む人情雑貨店物語。

間口二間の小さな店を開いたお瑛は今年十六。両親をなくし、兄の長太郎と立ち上げた「みとや」は三十八(みとや)文均一の雑貨店だ。ところが能天気な兄が仕入れてくるのは、いわくつきの品物ばかりで……。不気味な守り刀、恋歌が書かれた五枚の不思議な絵皿、なぜか手に入った亡き父の煙草入れ。山ほどの算盤が意外な結末に結びつく表題作をはじめ、色とりどりの人間模様が心に沁みる情味豊かな六編。

配信開始日
2017-12-15
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 702円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


梶よう子カジヨウコ

東京都生まれ。フリーライターとして活動するかたわら小説を執筆。2005年「い草の花」で九州さが大衆文学賞を受賞。2008年、「一朝の夢」で松本清張賞を受賞。2016年、『ヨイ豊』で第154回直木賞候補、同年、同作で第5回歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞。著書に『一朝の夢』『葵の月』『父子ゆえ』『墨の香』『赤い風』、みとや・お瑛仕入帖シリーズ『ご破算で願いましては』『五弁の秋花』等多数。