TOP > 奥野長衛佐藤優 > JAに何ができるのか

ジェイエイニナニガデキルノカJAに何ができるのか

奥野長衛著/佐藤優

組合員数1000万を超える巨大組織に、作家・佐藤優が鋭く切り込む!

「世界に勝つ農業」こそが日本の最重要課題だ。ポストTPP、農政改革、食の安全、従事者の高齢化と後継者不足、ITとAIが切り拓く新領域。岐路に立つJA(農業協同組合)は何を目指し、どこへ向かうのか――日本の農業が抱える問題をあぶり出し、その解決策を探る、改革派の農協トップと舌鋒鋭い論客による最強対談。

配信開始日
2017-12-08
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,056円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


奥野長衛オクノチョウエ

1947年三重県生まれ。関西大学法学部中退。学生時代より生協活動に打ち込み、大阪府内の地域生協の設立に尽力したのち、家業を継ぐかたちで就農。就農後は農業のかたわら、地元野菜を使った漬物の加工・販売事業に進出し、兵庫県内に店舗を出店。JA伊勢組合長を経て、2011年JA三重中央会会長。JA全中監事、理事を経て、2015年8月からJA全中会長に。

佐藤優

1960(昭和35)年生れ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英大使館、在露大使館などを経て、1995(平成7)年から外務本省国際情報局分析第一課に勤務。2002年5月に背任容疑、同7月に偽計業務妨害容疑で逮捕。2005年2月執行猶予付き有罪判決を受けた。同年、自らの逮捕の経緯と国策捜査の裏側を綴った『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。以後、文筆家として精力的に執筆を続けている。主な著書に『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞)『獄中記』『私のマルクス』『交渉術』『読書の技法』『神学の技法』『紳士協定―私のイギリス物語』『先生と私』『いま生きる「資本論」』『世界史の極意』『君たちが知っておくべきこと』『十五の夏』(梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞)など多数。共著も多い。