TOP > 石破茂 > 日本列島創生論―地方は国家の希望なり―(新潮新書)

ニホンレットウソウセイロンチホウハコッカノキボウナリシンチョウシンショ日本列島創生論―地方は国家の希望なり―(新潮新書)

石破茂

これで日本は甦る。初代地方創生相が示すアベノミクスの先の「処方箋」。

お任せ民主主義と決別し、地方から革命を起こさなければ、未来は切り拓けない。金融政策、財政出動のみで日本は甦らないのだ。「補助金と企業誘致の時代は終わった」「観光はA級を目指すべし」「官僚こそ地方で汗を流せ」「里帰りに魅力を付加せよ」――地方と中央、与党と野党、政官財、老若男女の別なく一致できる「創生への道」とは。初代地方創生大臣が具体的なアイディアをもとに示す、可能性と希望に満ちた日本論。

配信開始日
2017-04-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 821円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


石破茂イシバシゲル

1957(昭和32)年生まれ、鳥取県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三井銀行入行。1986年衆議院議員に全国最年少で初当選。防衛庁長官、防衛大臣、農林水産大臣を歴任。2012年自民党幹事長に就任。著書に『国防』『国難―政治に幻想はいらない―』などがある。