TOP > 杉山隆男 > 兵士に聞け 最終章

ヘイシニキケサイシュウショウ兵士に聞け 最終章

杉山隆男

沖縄の空へ、尖閣の海へ、そして御嶽の頂きへ――。「兵士シリーズ」、ついに完結!

頻発する中国の領空侵犯にスクランブル発進を繰り返し、常態化する領海侵犯に24時間体制で哨戒活動を行なう。そして国内の災害派遣では最も過酷な現場に向かう。激しさを増す任務の中で隊員達は何を思うのか。取材開始から24年、最前線の声を拾い続けることで自衛隊の実像に迫り、その評価を一変させたルポルタージュの傑作。

配信開始日
2017-02-24
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,760円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


杉山隆男スギヤマタカオ

1952(昭和27)年、東京生れ。一橋大学社会学部卒業後、読売新聞記者を経て執筆活動に入る。1986年に新聞社の舞台裏を克明に描いた『メディアの興亡』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。1996年『兵士に聞け』で新潮学芸賞を受賞。以後『兵士を見よ』『兵士を追え』と続く「兵士シリーズ」は七作目『兵士に聞け 最終章』で完結。他に小説『汐留川』『言問橋』『私と、妻と、妻の犬』『デルタ 陸自「影」の兵士たち』など著書多数。