TOP > 佐藤多佳子 > 明るい夜に出かけて

アカルイヨルニデカケテ明るい夜に出かけて

佐藤多佳子

本屋大賞受賞作『一瞬の風になれ』の著者が満を持しておくりだす青春小説!

今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと。期間限定のこのエセ自立で考え直すつもりが、ヘンな奴らに出会っちまった。つまずき、人づきあい、好きだって気持ち、夢……若さと生きることのすべてが詰まった書下ろし長篇。

配信開始日
2017-03-03
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,210円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


佐藤多佳子サトウタカコ

東京生まれ。1989年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で産経児童出版文化賞と日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞を、『一瞬の風になれ』で本屋大賞と吉川英治文学新人賞を、『聖夜』で小学館児童出版文化賞を受賞。『しゃべれども しゃべれども』は「本の雑誌が選ぶ年間ベストテン」の第1位に輝き、国分太一・香里奈・伊東四朗・八千草薫らの出演で映画化された。ほかの著書に『神様がくれた指』『黄色い目の魚』『第二音楽室』『夏から夏へ』『シロガラス』などがある。