TOP > 銀色夏生 > 夕方らせん(新潮文庫)

ユウガタラセンシンチョウブンコ夕方らせん(新潮文庫)

銀色夏生

薄闇がしだいにひろがって、もう帰らなければいけなくなりました。また明日まいります。それまで私を忘れずにいてください。はじめての物語集、静かに明るい16篇。

わすれかけてしまいそうな日々の中で、ふと思いかえし、流れの中に立ち止まって、「あの気持ち、あの気持ち」とつぶやくと、まわりからだんだん遠くまで、ゆっくりと波が静まってゆき、間違わない方向の石が輝いて見えた。それに足をかけ、次に飛び乗り、進んで行く。困ったときは、遠くを見よう。近くばかりを見ていると、迷うことがあるから―静かにきらめく16のストーリー。初めての物語集。

配信開始日
2016-12-16
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 638円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


銀色夏生ギンイロナツヲ