TOP > アンドレ・ジッド山内義雄 > 狭き門(新潮文庫)

セマキモンシンチョウブンコ狭き門(新潮文庫)

アンドレ・ジッド著/山内義雄

神を愛するがゆえ、彼を愛せない――。二つの愛に苦悩する女性を描いた傑作古典。

早く父を失ったジェロームは少年時代から夏を叔父のもとで過すが、そこで従姉のアリサを知り密かな愛を覚える。しかし、母親の不倫等の不幸な環境のために天上の愛を求めて生きるアリサは、ジェロームへの思慕を断ち切れず彼を愛しながらも、地上的な愛を拒み人知れず死んでゆく。残された日記には、彼を思う気持ちと“狭き門”を通って神へ進む戦いとの苦悩が記されていた……。

配信開始日
2016-07-29
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 562円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


アンドレ・ジッドGide,Andre

(1869-1951)フランスの作家。厳格なプロテスタントの家庭に生れる。1891年、従姉マドレーヌと恋に落ち、結婚するが、この恋愛体験と結婚生活が後に創作のテーマとなる。道徳の遵守、反逆などを悲劇的に描いた『背徳者』『狭き門』『田園交響楽』、喜劇的に扱った『法王庁の抜け穴』、視点や構成を複雑化した大作『贋金つかい』等、多数の著書がある。1947年ノーベル賞受賞。

山内義雄ヤマノウチヨシオ

(1894-1973)東京・牛込生れ。東京外国語学校卒。『狭き門』や『チボー家の人々』を翻訳し、わが国におけるフランス文学の普及に多大な貢献をした。