TOP > 志水辰夫 > 待ち伏せ街道―蓬莱屋帳外控―(新潮文庫)

マチブセカイドウホウライヤチョウガイヒカエ03シンチョウブンコ待ち伏せ街道―蓬莱屋帳外控―(新潮文庫)

志水辰夫

江戸留守居役奥方を西国へ逃がせ。禁制御法度、磔覚悟の逃避行がはじまる。智勇度胸を備えた影の飛脚、その奮闘を描く冒険活劇。

器量ひとつで道を拓くが定め、通し飛脚。なまくら者を従え善光寺まで秘仏を届ける羽目になった、鶴吉。播磨より逐電した男女を追跡する、剣術遣いの吟二郎。そして、江戸留守居役の奥方を西国へ逃がすという禁制御法度、出女を請け負ったのは蓬莱屋の切り札、仙造だ。三人のゆくてに苦難が待つ。目を血走らせた敵が待つ。予想しえない結末が待つ。活劇、人情、志水辰夫に酔う三篇。

配信開始日
2016-04-01
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 869円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


志水辰夫シミズタツオ

1936(昭和11)年、高知県生れ。1981年、『飢えて狼』でデビュー。巧みなプロットと濃密な文体で、熱烈なファンを獲得する。1986年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞を、1991(平成3)年『行きずりの街』で、日本冒険小説協会大賞を受賞する。さらに、2001年『きのうの空』で、柴田錬三郎賞を受賞。『情事』『暗夜』『生きいそぎ』『男坂』『約束の地』『青に候』『みのたけの春』『ラストラン』『つばくろ越え―蓬莱屋帳外控―』『引かれ者でござい』『夜去り川』『待ち伏せ街道―蓬莱屋帳外控―』など、多くの著書がある。