TOP > 加藤三彦 > 前進力―自分と組織を強くする73のヒント―(新潮文庫)

ゼンシンリョクジブントソシキヲツヨクスルナナジュウサンノヒントシンチョウブンコ前進力―自分と組織を強くする73のヒント―(新潮文庫)

加藤三彦

元能代工業高校バスケット部の名監督が教える、現状から一歩前に進み、結果を出す方法。

ほんのちょっと視点を変えるだけで、成功への最短距離が見えてくる。能代工業高校バスケットボール部のコーチ・監督として30回もの全国制覇を遂げた名将が、結果を出すためのヒントを伝授。自分を見つけ、自分を育て、自分を生かすためには、どうすればいいのか。さらに組織全体を向上させ、現状から一歩前に進むには? 『努力が結果につながらない人に気づいてほしいこと』改題。

配信開始日
2016-03-18
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 551円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


加藤三彦カトウミツヒコ

1962年、秋田県生まれ。バスケットボール指導者。能代工業高校二年生時にインターハイ優勝と全国高校選抜優勝の二冠、三年生時には主将として国体優勝も合わせて三冠を達成。筑波大学を経て、いすゞ自動車に入社。全日本のメンバーにも選出された。1987年、能代工業高校に赴任し、バスケットボール部コーチに就任。1990年、監督に昇格。コーチ・監督を通じ、チームをインターハイ12回・ウインターカップ11回・国体7回の優勝へ導き、長谷川誠・田臥勇太ら選手を数多く育成。2008年、教諭を退職し、JBLのリンク栃木ブレックスのヘッドコーチに就任するも、7ヵ月で更迭。GM補佐就任を打診されたが拒み、2009年、bjリーグアカデミーのテクニカルアドバイザーに。2010年、西武文理大学准教授に着任。2011年4月より同大学に新設されたバスケットボール部の監督。2002年に人間力大賞、2006年に文部科学大臣優秀教員表彰、2008年に秋田県教育委員会から「感謝状」を授与された。