TOP > 上橋菜穂子チーム北海道 > バルサの食卓(新潮文庫)

バルサノショクタクシンチョウブンコバルサの食卓(新潮文庫)

上橋菜穂子著/チーム北海道

〈ノギ屋の鳥飯〉〈タンダの山菜鍋〉〈胡桃餅〉。上橋作品のメチャクチャおいしそうな料理を達人たちが再現。夢のレシピを召し上がれ。

バルサとチャグムが熱々をかきこんだ〈ノギ屋の鳥飯〉、タンダが腕によりをかけた〈山菜鍋〉、寒い夜に小夜と小春丸が食べた〈胡桃餅〉、エリンが母と最後に食べた猪肉料理……上橋作品に登場する料理は、どれもメチャクチャおいしそうです。いずれも達人の「チーム北海道」が、手近な食材と人一倍の熱意をもって、物語の味の再現を試みました。夢のレシピを、さあ、どうぞ召し上がれ。

配信開始日
2016-02-26
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 702円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


上橋菜穂子ウエハシナホコ

1962(昭和37)年東京生れ。川村学園女子大学特任教授。オーストラリアの先住民族アボリジニを研究中。著書に、『狐笛のかなた』(野間児童文芸賞)の他に、『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞、バチェルダー賞)、『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)、『夢の守り人』(路傍の石文学賞)、『神の守り人』(小学館児童出版文化賞)、『天と地の守り人』、『炎路を行く者』、『「守り人」のすべて』、『獣の奏者』、『隣のアボリジニ』などがある。2002(平成14)年「守り人」シリーズで巖谷小波文芸賞受賞。

チーム北海道チームホッカイドウ

●イデ妙子 江別市の《カフェ・ド・サンレモ》オーナー●西村淳 創意工夫で南極越冬隊の食欲を満足させた〈南極料理人〉●渋谷文廣 こだわりのカメラマン●上野淳美 札幌市の器と着物の店《oteshio》オーナー●高阪美子 札幌市のお茶専門店BUND CAFE《バンドカフェ》オーナー●西村みゆき 西村淳の妻。料理愛好家●西村美子 西村淳の妹。テレビ局勤務