TOP > 六車由実 > 介護民俗学へようこそ!―「すまいるほーむ」の物語―

カイゴミンゾクガクヘヨウコソスマイルホームノモノガタリ介護民俗学へようこそ!―「すまいるほーむ」の物語―

六車由実

こんな風に世話してもらえたら……。発見と感動に満ちた新しい介護の世界。

高齢者と向き合い、人生の先輩として話を聞く。そんな民俗学の「聞き書き」の方法が介護現場を劇的に変えた! デイサービス「すまいるほーむ」で語られる鮮やかな記憶、意外な戦争体験、思い出の味、切ない恋バナ。多彩な物語が笑いと涙を呼び、認知症の人もスタッフも豊かな感情を取り戻していく。介護の可能性を切り拓く一冊。

配信開始日
2016-02-12
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,296円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


六車由実ムグルマユミ

1970年静岡県生まれ。社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。専攻は民俗学。2003年、『神、人を喰う――人身御供の民俗学』(新曜社)でサントリー学芸賞受賞。東北芸術工科大学芸術学部准教授を経て、介護士に。介護の現場に民俗学の「聞き書き」の方法を取り入れた経緯を綴った『驚きの介護民俗学』(医学書院)で脚光を浴びる。同書は第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。2015年8月現在、デイサービス施設「すまいるほ一む」管理者・生活相談員。介護の世界をより豊かにする試みを続けている。