TOP > 高田崇史 > 七夕の雨闇――毒草師――

タナバタノアマヤミドクソウシ七夕の雨闇――毒草師――

高田崇史

織女と牽牛は決して会ってはならぬ……。七夕はおそろしく陰湿な祭だった!

「り……に、毒を」不可解な言葉と密室の連続毒殺事件。毒物は特定されず摂取経路も不明。事件に影を落とすのは《七夕伝説》の闇。なぜ七夕は七月七日なのか。「金銀砂子」に隠された秘密、子孫根絶やしの呪いとは。《毒草師》こと名探偵・御名形史紋がすべてを解き明かすとき、古代史のタブーが現れる。驚愕の民俗学ミステリー。

配信開始日
2015-12-04
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,296円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


高田崇史タカダタカフミ

1958年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。最新作『QED~ortus~白山の頻闇』まで20冊に及ぶ「QED」シリーズは、伊勢、熊野、出雲、東照宮等、民俗学や古代史の知識を駆使して謎を解き明かす人気ミステリー。他の著作に、「神の時空」シリーズ、『毒草師』『毒草師 白蛇の洗礼』『パンドラの鳥籠一毒草師一』『七夕の雨闇一毒草師一』『鬼門の将軍』等がある。