TOP > 森美樹 > 主婦病

シュフビョウ主婦病

森美樹

欲望、猜疑、諦め、嫉妬……私も患っているのだろうか、〈主婦〉という病を。

部下の男との情事の最中に倒れた夫、その裏切りを受け止め切れない妻。自分には無関心な夫の知らない世界に飛び立とうと、テレクラのバイトで金を貯める主婦。願った子供が授からなかったために、好きな夫と距離を取ってしまう妻――揺れる関係に悩み、こじらせ、もがく女達を描く、第12回R-18文学賞読者賞を含む連作短編集。

配信開始日
2015-09-04
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,382円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


森美樹モリミキ

1970年埼玉県生まれ。1995年講談社より少女小説家としてデビュー。恋愛小説を7冊刊行するも休筆。2013年、5年ぶりに執筆した「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で、第12回『R-18文学賞』読者賞受賞。