TOP > 長崎尚志 > 闇の伴走者―醍醐真司の博覧推理ファイル―(新潮文庫)

ヤミノバンソウシャダイゴシンジノハクランスイリファイル01シンチョウブンコ闇の伴走者―醍醐真司の博覧推理ファイル―(新潮文庫)

長崎尚志

元警官の女性探偵と凄腕かつ偏屈な編集者が未発表漫画と連続女性失踪事件の謎に挑む。

元警察官の“探偵”水野優希がコンビを組んだのは、容貌魁偉、博覧強記、かつとても感じの悪いフリー編集者・醍醐真司。巨匠漫画家のスタジオに残されていた、未発表作品の謎の解明を依頼されたのだ。やがて、この画稿と過去の連続女性失踪事件が重なりはじめ――。『MASTER キートン』など数々のヒット作を手がけてきた著者が全ての力を注ぎ込んだ、驚天動地の漫画ミステリ。

配信開始日
2015-08-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 756円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


長崎尚志ナガサキタカシ

作家、漫画原作者、漫画編集者。出版社勤務時代から様々な漫画作品の編集を担当し、週刊漫画雑誌の編集長も経験。後に退社しフリーとなる。漫画原作・脚本に『MASTER キートン』『PLUTO』『BILLY BAT』(浦沢直樹)、リチャード・ウー名義で『クロコーチ』(コウノコウジ)、『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』(芳崎せいむ)等多数。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』(講談社)で小説家としてデビュー。『黄泉眠る森―醍醐真司の博覧推理ファイル―』は2012年刊行の『闇の伴走者』に続くシリーズ2作目。