TOP > 大久保潤篠原章 > 沖縄の不都合な真実(新潮新書)

オキナワノフツゴウナシンジツシンチョウシンショ沖縄の不都合な真実(新潮新書)

大久保潤著/篠原章

政治家、建築会社、知識人、公務員、地元メディア……利権とタブーを炙り出す。

こじれにこじれる沖縄の基地問題の本質はどこにあるのか。見据えるべきは「カネと利権」の構造である。巨額の振興予算を巡り、繰り返される日本政府と県の茶番劇。この構図が変わらない限り、問題は解決できない。公務員が君臨する階級社会、全国ワーストの暮しに喘ぐ人々、異論を封じ込める言論空間等々、隠された現実を炙り出す。党派を問わず、沖縄問題の「解」を考えていく上で必読の書。

配信開始日
2015-07-17
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 660円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


大久保潤オオクボジュン

1963(昭和38)年生まれ。日本経済新聞社元那覇支局長、現新潟支局長。国際基督教大学教養学部卒。著書に『幻想の島 沖縄』。

篠原章シノハラアキラ

1956(昭和31)年生まれ。大学教員を経て評論家。経済学博士(成城大学)。共編著に『ハイサイ沖縄読本』『沖縄ナンクル読本』等。