TOP > 神崎裕也杉江松恋 > ウロボロス ORIGINAL NOVEL―タツヤ篇―(新潮文庫)

ウロボロスオリジナルノベル02タツヤヘンシンチョウブンコウロボロス ORIGINAL NOVEL―タツヤ篇―(新潮文庫)

神崎裕也原作/杉江松恋

段野竜哉、破門される! 月下の少女の真相は?

刑事イクオが追うある少女が起こした殺人事件でタツヤは犯人にされ、身内(ヤクザ)に追われる身となる。少年時代を過ごした養護施設まほろばで、最愛の先生を殺され、証言を警察にもみ消された二人は、事件の真相を握る「金時計の男」を探して警察とヤクザの秘密の協力関係を結んでいた。秘密と相棒を守りつつ、事件と少女の闇を暴くことはできるのか――? 二匹の龍(ウロボロス)が絡み合う事件、タツヤ篇。

配信開始日
2014-12-26
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 583円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


神崎裕也カンザキユウヤ

熊本県生れ。漫画家。雑誌「月刊コミック@バンチ」で『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ』、「グランドジャンプ」で『不能犯』(宮月新原作)を連載。

杉江松恋スギエマツコイ

1968年東京都生まれ。文芸評論家、書評家、作家。自ら落語会を主催する演芸ファン。著書に『読み出したら止まらない! 海外ミステリーマストリード100』、『路地裏の迷宮踏査』、『桃月庵白酒と落語十三夜』(聞き手)、『ある日うっかりPTA』など多数。