TOP > 沢田啓明 > マラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

マラカナンノヒゲキセカイサッカーシジョウサイダイノハイボクマラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

沢田啓明

空前の巨大スタジアムで、絶後の20万人観衆が慟哭――。

1950年ブラジルW杯最終戦、まさかの逆転負けで全国民が沈黙した悲劇を完全再現。1000点の資料と10年に及ぶ取材が浮かび上がらせた真実とは? 南米サッカーの発展から、選手達のその後の哀しき人生までを書き尽した、渾身の大河ノンフィクション。人々を熱狂させるサッカーは、しかし一方で、かくも残酷なのか……。※単行本に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。

配信開始日
2014-11-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,320円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


沢田啓明サワダヒロアキ

1955年山口県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。3年間の会社勤めの後、北アフリカ・サハラ砂漠の天然ガス・パイプライン敷設工事現場でフランス語通訳に従事。蓄えた資金で1986年ワールドカップ・メキシコ大会を現地観戦し、人生観が変わる。「日々、フットボールを呼吸し、咀嚼したい」と考え、同年末、ブラジル・サンパウロヘ。フットボール・ジャーナリストとして日本の専門誌、新聞などへ寄稿しており、著書に『情熱のブラジルサッカー』(平凡社新書)などがある。