TOP > 平川祐弘 > 日本人に生まれて、まあよかった

ニホンジンニウマレテマアヨカッタ日本人に生まれて、まあよかった

平川祐弘

自虐よ、さらば。比較文化史の大家が送る渾身のメッセージ【爽快辛口、本音の日本論!】

日本人に生まれて、まあよかった――夏目漱石の言葉は、昭和を生き抜いた著者の実感でもある。ところがいつの間にか、日本人は自信を失い、日本は「もてない」国になってしまった。戦後の言論界はどこが間違っていたのか? この国を守り、再生させるための秘策とは? 教育、外交、歴史認識、国防……あらゆる分野で求められるのが、自己卑下的な思考からの脱却である。碩学の比較文化史家による、本音の日本論!

配信開始日
2014-11-21
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 648円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


kobo


Reader


PC


平川祐弘ヒラカワスケヒロ

1931(昭和6)年、東京生まれ。東京大学名誉教授、比較文化史家。第一高等学校入学以来、駒場で約半世紀を送る。フランス・イタリア・ドイツに留学し、北米・中国・台湾などで教壇に立つ。著書、訳書多数。主著に『竹山道雄と昭和の時代』『和魂洋才の系譜』など。